Home ポルシェ 自己紹介 ポルシェ日記 インプレ インフォメーション
    自己紹介

 自己紹介:メニュー

まずは自己紹介から
バイクが好きになった理由
中型二輪にステップアップ
バイク三昧の大学生活
車も楽しんだ大学生活
社会人になっても・・・
ジャックナイト ミニ
ジムカーナに転向
バイクライフへリターン
BUELL S1W
BUELL XB9R
ポルシェ 964RS
GRB インプレッサ
GRB インプレッサ別れ
ロータス エキシージS
プジョー RCZR
ポルシェ 997GT3
  AMG A45
  DS3 パフォーマンス
アルファロメオ 4C
  アバルト 595

    バイクライフへリターン

1998年冬

高校生時代からの友人が、カワサキのオフロードKDXにレーサーのエンジンを載せ、オンロードに改造したスペシャルマシンを購入した。

現代でいうとモタードと呼ばれるバイクだ。

このマシンを見てしまったのが原因で、またまたバイク熱に火が付いてしまった。

KDXと対等に戦えるマシン探しが始まり、手に入れたのがヤマハR1Zだった。

早速、OXレーシングのチャンバーとバックステップにオーリンズリアショックを組み、練習に明け暮れた。

しかし当時の主流は大型バイクで、そこそこ走れても今一満足感がない。

当然のように大型バイクに乗りたくなり、大型免許取得を決めた。

それと同時に大型バイク探しも始めた。

レーサー系は速く走れて当たり前だと思い、マニアックで癖のある空冷ツインのドカティ・BMW・BUELLのいずれかに絞って情報を集めた。

結局、自宅から一番近いBUELLディーラーで、話を聞くだけだったつもりが、すでに生産が終了していたS1、しかも限定車のS1Wの新車がまだあると聞き、免許も無いのにその場で契約書にサインしてしまった(笑)

ヤマハ R1Z
RZの後継車で伝統のトラスフレームにパラレルツイン2サイクルエンジンと素直なハンドリングで楽しいマシンだった。

OXレーシングのチャンバーにバックステップ、オーリンズリアショックと定番の仕様だった。
しかし最後はBUELLのホイール代に化けてしまった。

戻る   次へ
Copyright © 2005.Murakami Masaaki All Rights Reserved.
Reference:netmania