Home ポルシェ 自己紹介 ポルシェ日記 インプレ インフォメーション
    自己紹介

 自己紹介:メニュー

まずは自己紹介から
バイクが好きになった理由
中型二輪にステップアップ
バイク三昧の大学生活
車も楽しんだ大学生活
社会人になっても・・・
ジャックナイト ミニ
ジムカーナに転向
バイクライフへリターン
BUELL S1W
BUELL XB9R
ポルシェ 964RS
GRB インプレッサ
GRB インプレッサ別れ
ロータス エキシージS
プジョー RCZR
ポルシェ 997GT3
  AMG A45
  DS3 パフォーマンス
アルファロメオ 4C
  アバルト 595

    ジムカーナに転向

1997年

ミニのレースが盛り上がりを見せ、有名ショップがこぞってハイパワーのデモカーを走らせるようになってきた。

そのため、サーキットでは7000rpm以上エンジンを回しても、ストレートでは歯が立たず、あげくの果てはエンジントラブルが発生。

資金は底をつき、これ以上は無理と判断した結果、エンジンパワーに左右されにくいジムカーナに転向することにした。

しかしこちらもレベルが高く、サーキット仕様のエンジンでは勝てる状態ではなかった。

結果、ジムカーナ仕様にエンジンとミッションの作り変えることに決めた。

当初、それ程お金がかからないと思って始めたミニだが、結局は相当なお金をつぎ込んでしまった。

ミニは前輪出力で100PS以上、ツインカムヘッドにクロスミッションとLSD、ついでにファイナルも変更して、ジャックナイト ミニは最高速130キロ以下のジムカーナス仕様に生まれ変わった。

そして97年後半では、そこそこ戦歴を残せるようになり、98年は初戦から本格参戦することとなった。

この頃が競技に一番熱中していた頃で、とにかく夢中だった。

当時は普通に会社員をしていたため、とにかくお金がなく、土曜日の夕方からレンタカーでローダーを借りて大阪を出発し、高速を使わず10時間以上かけて関東方面まで遠征し、参戦した後は月曜日の朝までに大阪に戻り、ローダーを返却してから、そのまま会社に出勤というハードな生活を送っていた(笑)

もちろん参戦前の一週間は、会社が終わった後に車のセッティングを繰り返していたため、常に寝不足状態での参戦だったが、そんなことも苦にならないくらい楽しかった。

しかし98年後半、またしてもシリンダーからのオイル漏れと、冷却水にオイルが混じるトラブルが発生。

チューニングエンジンの宿命とはいえ、この時点で競技への参加に疲れ果て、情熱も冷めてしまった。

結果、ジャックナイト ミニを手放すことに決めた。

今は閉鎖されてしまった富士高原サーキット
当時は競技参加のため全国に遠征していた。

インテリア
6点式ロールケージに内装なしのワンシーター!
ステアリングはナルディ、バケットシートはエバ IMSAを使用。
セッティングは、もっぱら近所のワインディングで普通に街乗りもしていた。

エンジン
ジャックナイトのツインカムヘッドで前輪出力は100PS以上!
4速スーパークロス ドグミッションにAPのLSDを組み合せていた。

足廻り
ショックはAVOアルミケース、KAD4POTキャリパーにブレンボ10インチディスクで素晴らしい制動力を発揮した。

ジャックナイトのツインカムヘッド
ギリギリまで追い詰められたバルブ径とポート研磨によって7500rpmも回った。

エンジンは壊れる度に組み直したが、きりが無くなり疲れてしまった。
エンジンオイルの大切さやキャブ調整、エンジンが壊れる兆候等、かなりのノウハウを身体で覚えることができた。

戻る   次へ
Copyright © 2005.Murakami Masaaki All Rights Reserved.
Reference:netmania