Home ポルシェ 自己紹介 ポルシェ日記 インプレ インフォメーション
    自己紹介

 自己紹介:メニュー

まずは自己紹介から
バイクが好きになった理由
中型二輪にステップアップ
バイク三昧の大学生活
車も楽しんだ大学生活
社会人になっても・・・
ジャックナイト ミニ
ジムカーナに転向
バイクライフへリターン
BUELL S1W
BUELL XB9R
ポルシェ964RS
GRBインプレッサSTI
GRBインプレッサSTI別れ
ロータスエキシージS
プジョーRCZR
ポルシェ997GT3
  AMG A45
  DS3パフォーマンス
アルファロメオ4C

    バイク三昧の大学生活

1986年春

大学に入学した。

1回生の間はおとなしくしていようと思っていたが、たまたま入居した下宿の先輩達が、バイク好きだったため、すぐに我慢出来なくなり、当時発売されて間もないカワサキGPZ400Rを購入した。

ところがこのGPZRはツアラー色が濃く、真っ直ぐは安定しているのだが、思ったように曲がらない。

軽快感があると言われていた前後16インチホイールも乗りにくく、CBRを手放したことをこの時初めて後悔した。

しかも、購入半年も経たない内にダートに突っ込み大破させてしまった。
これで一旦、バイクを離れることになった。

バイクを離れてからは車で遊んでいたが、3回生になるとバイトの収入も多くなり、またまたバイクが欲しくなった。

今度は軽快感を求めてヤマハSRX400を手に入れた。

ツーリングをするために手に入れたSRXだが、はやり速く走りたいの欲求を抑えきれず、気が付けば500ccになり、あらゆる部分に手が加えられ、ワインディングの下りではそこそこ走れる仕上りになった。

この頃になると昼はバイク、夜は車でワインディングを走る生活になっていた(笑)

カワサキ GPZ400R
車重がある上、フロントリア共に16インチホイールということもあり、直進安定性は良いのだが、コーナーをきびきび走ることのできないバイクであった。

当時流行りだったビートレーシング メッキマフラー
これも時代を感じさせる(笑)

ヤマハSRX400
軽快で切り返しが速く、下りだとレーサーレプリカにも負けない実力を持っていた。

革パンツにバンクセンサーを付けて走っていた。
かなりラフな格好、今思うとかなり危ない・・・(笑)

当時、行きつけのショップだったウェリントンのオリジナルパーツで武装し、エンジンは400改500cc、CRキャブで50PSくらいは出ていたと思う。

戻る   次へ
Copyright © 2005.Murakami Masaaki All Rights Reserved.
Reference:netmania