Home ポルシェ 自己紹介 ポルシェ日記 インプレ インフォメーション
    自己紹介

 自己紹介:メニュー

まずは自己紹介から
バイクが好きになった理由
中型二輪にステップアップ
バイク三昧の大学生活
車も楽しんだ大学生活
社会人になっても・・・
ジャックナイト ミニ
ジムカーナに転向
バイクライフへリターン
BUELL S1W
BUELL XB9R
ポルシェ 964RS
GRB インプレッサ
GRB インプレッサ別れ
ロータス エキシージS
プジョー RCZR
ポルシェ 997GT3
  AMG A45
  DS3 パフォーマンス
アルファロメオ 4C
  アバルト 595

    ジャックナイト ミニ

1992年

次第にワインディングに行くのが嫌になり、車を純粋に楽しみたくて、旧車の購入を考えるようになった。

そこで決断したのがミニ!

180SXが私の元から去り、英国のメーカーによってチューニングされたジャックナイト ミニがやってきた。

なぜにミニかと思うかもしれないが、この頃はミニがブームとなり、手軽に参加できる競技が多く開催されていたからだ。

国産車でやるよりも手軽で、お金がかからないと思ったのも一つの理由だ。

しかし前輪出力で90PSも出ているジャックナイト ミニは手強く、今まで養ってきたドライビングテクニックは全く通用しなかった。

ワインディングでの癖が抜けず、納得のいくタイムが出すことができず、結果まともに走らせるようになるまで、2年もかかってしまった(笑)

ジャックナイト ミニ
古典的なFFのハンドリングで、ドライビングはむちゃくちゃ難しかった。

バンパーレスにしてロールケージを装着
7Jオーバーフェンダーに10インチアルミホイール、センターマフラーと相当な金額を注ぎ込んで改造していった。

−3°の鬼キャン!
スーパーセブンにも負けないくらいにコーナースピードは速かった。

タイヤは、日本ダンロップのフォーミュラR D93Jと、英国ダンロップのG5をコースやコンディションに合わせて使い分けていた。

戻る   次へ
Copyright © 2005.Murakami Masaaki All Rights Reserved.
Reference:netmania