Home ポルシェ 自己紹介 ポルシェ日記 インプレ インフォメーション
    日 記

憧れだった964RSレーシング

メンテナンスはもちろん修理やチューニングを含め、試行錯誤を繰り返し、自分好みの仕様に仕上げていく過程を日記として紹介!

    964RS エンジンを降ろす

2016年12月23日

964RSを購入して13年、当初16,000Kmだった走行距離は49,000Kmになった。

その間、定期的な交換が必要な消耗パーツは、こまめに交換してきたのだが、重整備と言えるような整備はしていない。

しかし、ここにきてシフトレバーの動きが渋くなってきた。

ミッションが冷えている時は問題なく動くのだが、温まってくるとシフトレバーの左右の動きが渋くなり、ニュートラルで中心に戻らなくなってしまうのである。
そうなると2速から3速へのシフトアップが難しくなり、シフトミスする可能性もあるため、もっとひどくなる前に修理することに決めた。

この症状は964のG50ミッションに良くみられる症状で、修理するにはエンジンを降ろし、ミッションを分解して内部の洗浄をする必要がある。

エンジンを降ろし、ミッションも外すのであれば、クラッチも交換したいし、カムチェーンケースからオイルの滲みも直したい。

その他にもやりたいことはいろいろあるが、どこまで整備するかは、エンジンを降ろしてから考えることにしよう(笑)


戻る   次へ
Copyright © 2005.Murakami Masaaki All Rights Reserved.
Reference:netmania