Home ポルシェ 自己紹介 ポルシェ日記 インプレ インフォメーション
    日 記

憧れだった964RSレーシング

メンテナンスはもちろん修理やチューニングを含め、試行錯誤を繰り返し、自分好みの仕様に仕上げていく過程を日記として紹介!

    ピレリ P ZERO TROFEO R その2

2019年5月9日

アドバンA052からピレリTROFEO Rに交換して走ってきたのだが、結果はあまり良いと言えるものではなかった。

まずアドバンA052よりも温度による変化がデリケートで、温まらないとグリップしてくれない。

この温度によるデリケートな特性はある程度予想していたので、それほど問題ではないのだが、しかし温まった状態でもフロントタイヤに満足できるレベルのグリップ力が生まれないのである。

フルブレーキングではフロントに突っ張り感があり、路面の凸凹に乗ると跳ねてロックぎみになってしまい、そこからブレーキをリリースしながらコーナーへのアプローチに入ると、初期は想定通りに向きが変わるのだが、アクセルを開けてリアタイヤに荷重が移って行くと、フロントタイヤからのインフォメーションが不足しがちになるため、複合したコーナーや連続するS字コーナーでは想定外なアンダーステアとなってしまうのだ。

そうなるとこのアンダーステアを消すために、アクセルを戻すことになるのだが、フロントタイヤがグリップしだすと、今度はリアによれを感じるのである。

このフィーリングの原因は何だろうか?

ピレリTROFEO Rの方がアドバンA052よりもグリップ力が劣っているからなのだろうか?

しかしタイヤのスキール音の出方から判断しても、ピレリTROFEO Rの方がグリップ力が劣っているとは思えない。

いや逆にピレリTROFEO Rの方がグリップ力が勝っているために、アドバンA052のように絶妙にスライドしてくれず、リアがグリップしすぎてフロントがリフトし、荷重が抜けてアンダーステアになっていると考えた方が正しいのかもしれない。

そこでSタイヤであるアドバンA050Mを使用していた時のことを振り返ってみることにした。

アドバンA050MからA052に交換した時は、そのフィーリングの良さにSタイヤは必要ないかもしれないと思ったのだが、グリップ力ではSタイヤを上回っていると感じることはなかった。

その後、A052のフィーリングの良さをもっとアップするために、基準からちょっと外れたアライメントに変更してベストを見つけるに至ったのだが、それがピレリTROFEO Rには合わないのだと思われる。

ということで、次回はアドバンA050Mを使っていた時の設定に戻して走ってみようと思う。

ちなみに下記はアドバンA052でベストだと感じた設定である。
アライメント
(フロント)
キャンバー −2°12′
トータルトー 0.0mm
(リア)
キャンバー −2°12′
トータルトー 0.0mm
【減衰力】
(フロント)
ロースピード 基準
ハイスピード 基準から1回転強め
(リア)
ロースピード 基準
ハイスピード 基準

そして下記がアドバンA050Mを使っていた時の設定である。
アライメント
(フロント)
キャンバー −1°48′
トータルトー 0.0mm
(リア)
キャンバー −2°12′
トータルトー IN 3.0mm
【減衰力】
(フロント)
ロースピード 基準
ハイスピード 基準
(リア)
ロースピード 基準から4ノッチ強め
ハイスピード 基準から2ノッチ強め

数値だけで比べると、アドバンA050Mではリアをゆっくりと動かして、ブレーキやアクセルを開けた時のピッチングスピードを遅くする設定である。

これでどう変わるか楽しみである。

フロントタイヤ
磨耗の状態から見てもあまり使えていないのが分かる。

リアタイヤ
こちらはそこそこ使えている感じに磨耗している。

戻る   次へ
Copyright © 2005 Masaaki All Rights Reserved.
Reference:netmania