Home ポルシェ 自己紹介 ポルシェ日記 インプレ インフォメーション
    日 記

憧れだった964RSレーシング

メンテナンスはもちろん修理やチューニングを含め、試行錯誤を繰り返し、自分好みの仕様に仕上げていく過程を日記として紹介!

    997GT3 TWS EX-fP+アドバン ネオバAD08R

2015年8月1日

997GT3を購入後、その本来のハンドリングを体験したくて、ポルシェ認証タイヤであるパイロットスポーツCUP2を装着していたのだが、アドバン ネオバAD08Rも試したくなってしまった。

トレッドパターンからして、パイロットスポーツCUP2はSタイヤに属すると思われるのだが、OEMで装着されるSタイヤはモータースポーツ専用のSタイヤとは開発コンセプトが異なるため、最大グリップ力に疑問がある。

実際、パイロットスポーツCUP2はインサイドとアウトサイドで異なるコンパウンドを採用し、グリップ力と耐久性の両立を図っている。

これまで数回走りに行ったのだが、アフターマーケット用Sタイヤレベルのグリップ力を発揮しているとは思えない。

そこでスポーツラジアルの最高峰であるアドバン ネオバAD08RとパイロットスポーツCUP2とを比較し、ワインディングではどちらが扱いやすく、グリップするのかを試してみたくなった。

ここでタイヤ交換だけで済まないのがいつもの常である。

今後のことを考えると、タイヤとホイールは2セットあれば都合が良いため、ホイールも同時に手配することにした。

18インチにダウンする選択肢もあったのだが、PCCBのため装着できるホイールが限られてくる。
また見た目のルックスも19インチの方が迫力があって格好良い。

そこで選んだのが、TAN-EI-SYAが展開するTWSブランドで、ポルシェ専用設計のEXspur EX-fPである。

サイズは997GT3専用で、フロント8.5J-19 インセット53、リア12.0J-19 インセット63となり、色はグロスブラックを選択した。

フロントは純正ホイールと同じサイズだが、リアは純正よりも5mm外側へ出ることになる。

そもそもヨーロッパ仕様の997GT3のリアには5mmのホイールスペーサーが装着されているそうだが、日本国内では車検をクリアするため外されているらしいので、本来ポルシェが設定しているトレッド幅となる計算だ。

タイヤサイズは純正と同じでフロント235/35-19、リア305/30-19を選択した。

今週末も出動する予定だが、パイロットスポーツCUP2との比較が楽しみである。

TAN-EI-SYA TWS EXspur EX-fP グロスブラック
997GT3専用設計でフロント8.5J-19 インセット53、リア12.0J-19 インセット63である。

タイヤはアドバン ネオバAD08R
フロントのサイズは235/35-19、空気圧は冷間で2.3Kgf/cm2に設定した。

リアのサイズは305/30-19、空気圧はフロントと同じで冷間時2.5Kgf/cm2に設定した。
5mm外側へ出たのでフェンダーカツカツである(笑)

戻る   次へ
Copyright © 2005.Murakami Masaaki All Rights Reserved.
Reference:netmania