Home ポルシェ 自己紹介 ポルシェ日記 インプレ インフォメーション
    日 記

憧れだった964RSレーシング

メンテナンスはもちろん修理やチューニングを含め、試行錯誤を繰り返し、自分好みの仕様に仕上げていく過程を日記として紹介!

    997GT3 シートポジション

2015年7月24日

997GT3にオプション設定されているカーボンシェルの軽量バケットシートだが、前後のスライド調整しかついておらず、リクライニング機能が備わっていない。

しかもこのシートの角度が私の体型には合わず、かなり窮屈に感じるのである。

特にヘッドレストにクリアランスがなく後頭部が押されぎみのため、少し猫背ような姿勢になってしまうのだ。

これではヘルメットをかぶると、適格な操作をすることが難しい。

通常この手のバケットシートには、シートの角度を調整できるようにサイドアダプターに調整用の穴が開いている。

例に漏れず、このシートのサイドアダプターにも穴が開いているのだが、角度調整用の穴位置ではなく、高さの調整しかできないのである。

少しでもシートを寝かせるためにはどうすれば良いのか?

そこでシートレール前側にスペーサーを入れてみることにした。

10mmと7mmの二通りのスペーサーを入れて試してみたのだが、角度的には10mmだとかなり楽なポジションを取ることができる。

ところがスライド用のレバーに右足のふくらはぎがあたってしまうのである。

仕方なく7mmにしたのだが、それでも効果は大きく、少しではあるが余裕のあるポジションがとれるようになり、ヘルメットをかぶっても問題ない姿勢になった。

また座面の角度も前側が少し上がったせいか、クラッチペダルやブレーキペダルも踏みやすくなった。

これでペダルの加工も必要なくなったので一石二鳥である。

スペーサーはアフターマーケット用のレカロ純正シートレールに付属されているものを使ったので強度的にも安心だ。
こんな小さな工夫だが少し乗りやすくなったので、993GT3のポジションを窮屈に感じている方にはちょっとだけおすすめかも・・・

戻る   次へ
Copyright © 2005.Murakami Masaaki All Rights Reserved.
Reference:netmania