Home ポルシェ 自己紹介 ポルシェ日記 インプレ インフォメーション
    日 記

憧れだった964RSレーシング

メンテナンスはもちろん修理やチューニングを含め、試行錯誤を繰り返し、自分好みの仕様に仕上げていく過程を日記として紹介!

    クアンタム T3-CR セッティング その3

2012年4月30日

フロントはほぼ決まったので、今日はリアを中心に少し気になっている部分を解消できるか、試してみることにした。

気になっているのは、上りの複合コーナーやS字コーナー二つ目で少しアンダーが出るのである。

旧T6-RMではアクセルオンで回れたコーナーが、T3-CRではアクセルを少し戻してアンダーを消す必要がある。

またコーナーリング中に凸凹を通過した時のフワフワ感も気になる。

リアの減衰力が柔らかすぎて、適度にスライドしてくれないのが原因なのか、単にフロントタイヤのグリップ不足が原因なのかよくわからない。

とりあえずは、フロントの減衰力を基準値に戻して、リアの減衰力のみをいじってみることにした。

今回は箱根ターンパイクと伊豆スカイラインでのテストである。

【リアのハイスピードを4ノッチ強める】
気になっていた上りの複合コーナーやS字コーナーでのアンダーは少しマシになったのだが、箱根ターンパイクのような高速コーナーではリアが跳ねるようになってしまい安定しない。

【リアのハイスピードを基準値に戻す】
【リアのロースピードを4ノッチ強める】

リアのフワフワ感が消え安定感が出るようになり、上りの複合コーナーやS字コーナーでのアンダーもかなり抑えられるようになった。
低速コーナー中心の椿ラインではこれがベストだと思う。
ただ高速コーナーの進入では、フロントのバタつきが若干出るようになった。

箱根ターンパイクと伊豆スカイラインではリアのリバウンドは標準値か2クリック程度弱める方が楽しく走れそうだ。

今回、新しく装着したT3-CRだが今までのテストでどうすればどう変わるのか、だいたい把握できた。

今後はタイヤの選択も含め、もっと楽しめるようにつめていきたいと思う。

リア ロースピードアジャスター
インナーロッド中央のつまみを回して調整
する。

リア ハイスピードアジャスター
リザーバータンクのダイヤルにて調整する。

戻る   次へ
Copyright © 2005 Masaaki All Rights Reserved.
Reference:netmania