Home ポルシェ 自己紹介 595日記 インプレ インフォメーション
    インプレ

一緒に走ったり、試乗させていただいた車や、プロデュースさせていただいた車を紹介

また長年走ってきた経験から、ムラポの持論も公開している

    ビデオカメラマウント

2020年4月12日

数年前から走りに行く時は、必ずといっていいほどビデオカメラを積んでいるのだが、それはアバルトでも変わりはない。

964RSはロールゲージがあるため、そこにクランプ式マウントを使って、カメラを固定しているのだが、ロールゲージのないアバルトではそういうわけにはいかない。

そこで手っ取り早く、助手席側のクオーターガラスに吸盤式マウントを貼り付けてカメラを固定し、シートバックをいっぱいまで倒して、斜め後方から撮影していたのだが、先日助手席もフルバケットシートに交換したことにより、シートバックが邪魔で撮影できなくなってしまった。

そうなると左右にバーを通してカメラを固定する方法しか思いつかない。

ピラーバーを装着しようかと考えてみたのだが、Cピラーに装着するものはあるのだが、Bピラーに装着できるものがなく、それではカメラの位置が遠くなりすぎる上に、露光の不備が発生するかもしれない。

その結果、左右のクオーターガラスに吸盤で貼り付けることのできるバーを使うことにした。

これでまた面白い動画が撮れそうだ!

取り付けバーはデルキン FAT GECKOの製品なのだが、現在このバーは販売されていない。
なかなかの優れものなので再販売を期待したい。
カメラはソニー アクションカム HDR-AS50、 ソニー純正アクセサリーのハンドルバーマウントと組み合わせてある。

このような感じのアングルになる。
動画を見てみたい方はお店でリクエストください。

戻る   メニューへ
Copyright © 2005. All Rights Reserved.
Reference:netmania