Home ポルシェ 自己紹介 595日記 インプレ インフォメーション
    インプレ

一緒に走ったり、試乗させていただいた車や、プロデュースさせていただいた車を紹介

また長年走ってきた経験から、ムラポの持論も公開している

    アイバッハ プロストリートS インプレッション

2020年2月24日

今年初の箱根ドライブ、アイバッハ プロストリートSを装着して初めての走行である。

まずはいつもように小田原厚木道路で箱根方面に向かうが、小田原厚木道路はそれなりの速度で走ると、サスペンションを固めた車では道路の継ぎ目で上下にかなり振られる。

純正のコニ&アイバッハの組み合わせではどうだったかというと、正直それほど不満に感じることはなく、そこそこ安心して走ることができていた。

ところがアイバッハ プロストリートSはそれ以上の安心感があり、コニ&アイバッハでは上下に2回以上バウンドしていたところでも、1回のバウンドで収まるようになったのである。

またバウンドする量も小さく感じるため、乗り心地がかなり良い。

そのまま箱根新道を駆け上がり、ターンパイク大観山から椿ラインを下る。

フルブレーキでコーナーへアプローチしていくが、コニ&アイバッハの時と比べてハザードランプの点滅が少なくなり、車体の向きも早めに変わるようになったため、アクセルを開けるタイミングを早くすることができる。

しかもコニ&アイバッハの時に起きていた、コーナーリング中にバウンドしながら横に逃げていく挙動がほとんどなくなったのだ。

この挙動だが、これはこれで楽しかったので少し残念ではあるが、より早くアクセルを踏めるようになったので良しとしよう。

フロントキャンバーを2°以上つけたことと、バネレートがほぼ倍になったことで、フロントタイヤの踏ん張りが増したのが原因だと思われる。

さすがストリートと謳っているだけのことはある。
全て狙い通りである。

帰りはターンパイクをそれなりの速度で下ったのだが、心配していた高速コーナーリングもロールが少なくなったことで、安定した姿勢でクリアしていくことができた。

サーキットでタイムを出すために本気で走るのであれば、もっとバネレートが高く、減衰力調整が装備されているサスペンションキットが良いと思うが、 おそらくこれ以上にバネレートや減衰力を上げても、ストーリートでは楽しめなくなるのではないかと思われる。

もう少し暖かくなれば伊豆スカイラインまで行くことになるので、そこでどれくらいの走りができるのか、かなり楽しみである。

ターンパイク箱根 アネスト岩田スカイラウンジ前にて

ちなみ現在は理由あって1シーターで乗っている(笑)

戻る   メニューへ
Copyright © 2005. All Rights Reserved.
Reference:netmania