Home ポルシェ 自己紹介 ポルシェ日記 インプレ インフォメーション
    日 記

憧れだった964RSレーシング

メンテナンスはもちろん修理やチューニングを含め、試行錯誤を繰り返し、自分好みの仕様に仕上げていく過程を日記として紹介!

    クアンタム T3-CR セッティング

2012年4月8日

いよいよ本格的に、箱根を楽しめるシーズンとなった。
それに伴い、昨年末に交換したクアンタム T3-CRのセッティングを始めた。

減衰力アジャスターをQRS基準値に設定してスタート

まずは、高速コーナー中心のターンパイクへ

3速4速でコーナリングしていく。
路面の大きなうねりは、旧T6−RMよりしなやかに吸収し、突き上げ感はないのだが、細かな凸凹では跳ねてゴツゴツ感が出る。
ただ、この動きは好き嫌いのレベルで、私には心地良いゴツゴツ感である。

その後、低速コーナー中心の椿ラインへ

2速中心でコーナーリングしていく。
高速コーナーで感じた細かな凸凹でのゴツゴツ感はないのだが、逆にしなやかすぎて、スムーズに動くため、良い意味で面白みに欠ける。
これは贅沢な感想である。

そして最後は、伊豆スカイラインへ

3速4速中心のコースだが、上りきって下りながらコーナーに入るような荷重の抜けやすいシュチュエーションや減速帯のある区間が多く、旧T6-RMではブレーキングでABSが変に介入したり、急にフロントが逃げ出すようなことがあったので、どう変わったのか期待大である。

まず走り出して感じたのは、まだまだ固すぎる印象である。

旧T6-RMとは、比べ物にならないくらい走れるようになったのだが、やはりターンパイクの高速コーナーで感じたゴツゴツ感が、より激しく出るのである。

フロントの減衰力が強すぎるような感じであるため、下記のように減衰力をいじってみることにした。

【フロント ロースピード 基準から4ノッチ弱める】
切り返しではステアリングが軽くなり、フロントタイヤの接地感が分かりにくくなってしまった。

【フロント ロースピード 基準から2ノッチ弱に戻す】
まだフロント接地感が分かりにくい。

【フロント ロースピード 基準から2ノッチ強める】
少しバタつきが出るようになった。

【フロント ロースピード 基準に戻す】
やはりこれがベストのようだ。

このバタつきの原因だが、フロントではなく、もしかするとリアかもしれない?
そこで今度はリアをいじってみることにする。

【リア ロースピード 基準から4ノッチ弱める】
今まで感じていたゴツゴツ感はあまり感じなくなったのだが、今度は路面の大きなうねりでダンパーの収まりが悪くなり、立ち上りでアンダーが強くなった。

【リア ロースピード 基準から4ノッチ強める】
かなりいい感じ。
フロント、リア共に適度にロールし、切り返しでロールが残ることはない。
凸凹でのゴツゴツ感も、良い感じに収まるようになった。

フロントだと思っていたゴツゴツ感は、リアの減衰力を弱くすることで、かなり改善された。
リアでこれほど変わるとは思っていなかったので意外だった。

そこでQRSに聞いたところ、今回のT3-CRの仕様は、旧T6-RMに比べると、フロントはほぼ同じ減衰力、リアはおよそ半分の減衰力になっているそうだ。

やはりリアの調整でゴツゴツ感が減ったと感じたのは、間違いなかったようだ。

ただ今回のT3-CRは、旧T6-RMに比べ、コーナー立ち上がりで、よりアンダー傾向が強くなったように思う。

その状況でリアの減衰を弱めることは、よりアンダーステアを助長することとなるため、なんとかフロント側でゴツゴツ感を抑えられないかと思っている。

とりあえずもう一度、リアの減衰力を基準値に戻して、フロントでベストを探ってみたい。

フロント ロースピードアジャスター
本体下のつまみを回して調整する。

リア ロースピードアジャスター
インナーロッド中央のつまみを回して調整する。

戻る   次へ
Copyright © 2005 Masaaki All Rights Reserved.
Reference:netmania